1998

自分が行ったライブはチケットの画像(残ってないものもあり)と簡単な感想を追記した。

花田裕之 & ROCK'N'ROLL GYPSIES '98 3/1 福岡 
「"伝説ライブ" HAKATA ROCK & ROLL CIRCUS」
(花田裕之:VO,G/下山淳:G/井上富雄:B/池畑潤二:D/KYON:K)
1.WALKING THE DOG
2.LOVE HURT
3.汽車はただ駅を過ぎる
4.ROSIE
5.BACILLUS CAPSULE
6.ON THE ROAD AGAIN
7.MIRACLE


実はこの日のライブを遠征して見ている。初めての福岡遠征。出演はサンハウス、シーナ
&ロケッツ、RUBY、ARB、花田裕之、広石武彦、水戸華之介。

自分の保存していたチケットを調べたところ、97年には花田さんを見ていないことに気づ
いた。もしかしたら何か見たけどチケットを紛失したのかもしれないが、97年はアルバム
リリースの谷間であり、活動もほとんどなかったのでやはり見ていないと思う。

おそらくそんな花田さん飢餓状態(笑)から、遠征して見に行くことに決めたように思う。サン
ハウスとRUBYも見たかったし。

花田さんは花田裕之&ROCK'N'ROLL GYPSIESで出演。左記の7曲を演奏しているが、ラ
イブの出来的には「悪くはないんだけど、まだまだこんなもんじゃないだろ」というのが正直
なところだった。むしろこの日はメインのサンハウスが非常に良かったのを憶えている。

花田裕之 '98 6/7 渋谷CLUB QUATTRO

「SONG FOR YOU」のツアー。最強のバンドだった筈のロックンロール・ジプシーズではなく、
ベースに井上富雄、ドラムに椎野恭一、キーボード&ギターにKYONという4人編成。また
ツアーの規模も全国4か所と縮小されており、なんか寂しかった記憶がある。

正直に書くが、この時のライブはあまりよく憶えていない。やはり大所帯だった花田裕之&
ロックンール・ジプシーズに比べると迫力不足に感じた記憶がある。

ただ、この井上・椎野というリズム隊は後の花田裕之バンドに繋がる訳で、このシンプルな
構成は花田さんにとって原点回帰的な意味合いもあったのかもしれない、と思う。

この日のセットリストは判明していないが、名古屋のセットリストはわかっているのでほぼ同
じだったと思われる。

花田裕之 '98 6/29 名古屋BOTTOM LINE JAPAN
(花田裕之:VO,G/井上富雄:B/椎野恭一:D/KYON:K,G)
1.CALL ME THE BREEZE
2.LAST TRAIN
3.MIRACLE
4.SADNESS CITY
5.夢見て眠ろう
6.WHITE OUT(BRAND NEW WILD BLUES)
7.HOOP LAND
8.LOVE HURT
9.LONG TRAIN
10.STUPID
11.ONE FOR THE ROAD
12.夜明け前は
13.BONNET
14.ひとつ
15.A SONG FOR YOU
16.CRAZY LOVE
17.DADDY ROLLING STONE
18.DON'T CRY NO TEARS
19.雨のバス



BACK