1988

自分が行ったライブはチケットの画像(残ってないものもあり)と簡単な感想を追記した。

THE COVER SPECIAL '88 2/6 渋谷公会堂
<花田裕之>I SAW HER STANDING THERE


全編カバー曲だけのライブイベント。柴山俊之、PANTA、THE ROCK BANDが
それぞれホストになり、ゲストを呼んでライブをする構成。

花田さんは(急遽決まったと思われる)ジョニー・サンダース・ユニットとTHE ROCK
BANDユニットに参加。THE ROCK BANDユニットでは「I SAW HER STANDING
THERE」でヴォーカルをとった。

この日の模様はライブ盤になっているので全貌はほぼ判明しているが、発売が
ビクターということでビクター所属のミュージシャンが優遇されている。花田さんの
ヴォーカル曲は収録されていない。

THE ROOSTERZ '88 3/19 INK STICK芝浦
01.AROUND AND AROUND
02.CRIMINAL ROCK
03.PASSENGER
04.(SO YOU WANT TO BE A)ROCK'N'ROLL STAR
05.OH! MY GOD
06.HURT BY LOVE
07.WRECK MY CAR
08.MONA
09.WALKING THE DOG
10.GOOD NIGHT,GOOD MORNING
11.SEIREN
12.CRAZY ROMANCE
13.IN AND OUT(PETER GUNN)
14.NEON BOY
15.BURNING BLUE
16.NO NO NO
17.WATCH YOUR STEP
(アンコール)
18.HEART FULL OF SOUL
19.GUN CONTROL
20.(STANDING AT)THE CROSS ROAD
21.TRANSMISSION

THE ROOSTERZ '88 3/20 INK STICK芝浦
01.GUN CONTROL
02.PASSENGER
03.OH! MY GOD
04.(SO YOU WANT TO BE A)ROCK'N'ROLL STAR
05.GIRL
06.HURT BY LOVE
07.WRECK MY CAR
08.MONA
09.WALKING THE DOG
10.GOOD NIGHT,GOOD MORNING
11.SEIREN
12.NEON BOY
13.CRAZY ROMANCE
14.A-RE
15.ムーンナイト・ラヴ
16.PRECIOUS
17.BURNING BLUE
18.NO NO NO
19.IN AND OUT(PETER GUNN)
20.STRANGER IN TOWN

DIMPLES・'88 4/24 INK STICK芝浦
(メンバー=花田裕之、藤井康一、池畑潤二、穴井仁吉)(ゲスト=鮎川誠)
1.TALKIN' 'BOUT YOU
2.I CAN TELL
3.LAST TIME
4.TILL THE END OF THE DAY
5.I NEED YOU
6.DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD
7.MERCY MERCY
8.CAROL
9.WALKING THE DOG
10.SOMETHING YOU GOT (VO:藤井)
11.IN THE MIDNIGHT HOUR (VO:藤井)
12.TAKE ME TO THE RIVER (VO:藤井)
13.HEART FULL OF SOUL
14.HEY GIRL
15.風の中に消えた
16.可愛いアノ娘
17.ハリケーン娘
18.IT'S ALL OVER NOW
19.GOOD MORNING LITTLE SCHOOL GIRL
20.ROCK ME BABY (VO:鮎川誠)
21.I'M CRYING
22.I JUST WANT TO MAKE LOVE TO YOU
23.DADDY ROLLING STONE
24.(曲目不明)
25.SHE DOES IT RIGHT
26.HANKY PANKY
27.AROUND AND AROUND
28.I CAN TELL
29.MONA
30.CAROL
31.BYE BYE JOHNNY

DIMPLES・'88 4/30 汐留PIT「JUMPIN' HEADZ FLASH」
(メンバー=花田裕之、藤井康一、池畑潤二、穴井仁吉)


ホットスタッフ10周年のイベント。PITというのは期間限定で作られたテント式のラ
イブ会場で、それでも全イス席でかなり広かった。ロックバブルならではでの会場
という気がする。今はこういうのやらないし。

ライブはいろいろなバンドが出たが、デビュー前(だか直後だかの)ユニコーンが
出ていたのを憶えている。ユニコーンを見たのはこの時が最初で最後。またJOY
POPSを見れたのは嬉しかった。JOY POPSもこの時が最初で最後。

DIMPLESは花田さんがカバーをやる目的で結成したバンドで、インクスティック芝
浦でワンマンもやったが私は残念ながらそちらには行けず、この日に初めて見た。

一言で言うとシンプルなロックンロール。メンバーの藤井康一は私は知らなかった
が元ウシャコダで、サックスとハープとコーラス担当。ライブでは花田さんと半々く
らいでヴォーカルをとる。こういうメンバー構成は新鮮だった。セットリストは残念な
がら判明していない。

当時は「こういう課外活動をするくらいならルースターズのライブ増やしてくれれば
いいのに」と思っていたが、もう花田さんはルースターズ後を見据えていたのだろう。

THE ROOSTERZ '88 6/20 横浜西公会堂
01.GUN CONTROL
02.OH! MY GOD
03.再現出来ないジグソウ・パズル
04.NAKED HEAVY MOON
05.曼陀羅
06.HURT BY LOVE
07.LAND OF FEAR
08.MONA
09.IN AND OUT
10.GOOD NIGHT,GOOD MORNING
11.EVERYBODY'S SIN
12.鉄橋の下で
13.SEIREN
14.NEON BOY
15.CRAZY ROMANCE
16.A-RE
17.BURNING BLUE
18.NO NO NO
19.(STANDING AT)THE CROSS ROAD
20.PASSENGER
(アンコール)
21.AROUND AND AROUND
22.(SO YOU WANT TO BE A)ROCK'N'ROLL STAR
23.WATCH YOUR STEP

THE ROOSTERZ(FOUR PIECES) '88 7/2 新宿LOFT
(ゲスト=灘友正幸、スマイリー原島)
01.I'M TALKING ABOUT YOU
02.WALKING THE DOG
03.SHE DOES IT RIGHT
04.SHAME SHAME SHAME~CAN I GET A WITNESS~SHAME SHAME SHAME
05.SUSIE Q
06.MONA
07.BACILLUS CAPSULE(VO:灘友)
08.キングスネークブルース(VO:灘友)
09.LITTLE RED ROOSTER
10.CONFESSIN' THE BLUES
11.CRAZY ROMANCE
12.MR.BINGO
13.(SO YOU WANT TO BE A)ROCK'N'ROLL STAR
14.可愛いアノ娘(VO:穴井)
15.COLD TURKEY(VO:スマイリー原島)
16.GIRL FRIEND(VO:スマイリー原島)
17.HANG ON SLOOPY(VO:スマイリー原島)
18.NEON BOY
19.GIRL
20.IN AND OUT(PETER GUNN)
21.HEART FULL OF SOUL
22.NAKED HEAVY MOON
23.NO NO NO
24.WATCH YOUR STEP
25.SO SAD ABOUT US
26.AROUND AND AROUND
27.I SAW HER STANDING THERE
28.JUMPIN' JACK FLASH
29.TRANSMISSION

THE ROOSTERZ(FOUR PIECES) '88 7/9 新宿LOFT
01.MONA
02.I'M TALKING ABOUT YOU
03.WALKING THE DOG
04.SHAME SHAME SHAME~CAN I GET A WITNESS~FLY~SHAME SHAME SHAME
05.SO SAD ABOUT US
06.(SO YOU WANT TO BE A)ROCK'N'ROLL STAR
07.MR.BINGO
08.LITTLE RED ROOSTER
09.可愛いアノ娘(VO:穴井)
10.キャデラック(VO:穴井)
11.BRIGHT LIGHTS,BIG CITY
12.LET IT BLEED
13.SUSIE Q
14.BACILLUS CAPSULE
15.DO THE BOOGIE
16.カラカラ
17.SHE DOES IT RIGHT
18.鉄橋の下で
19.HURT BY LOVE~LAND OF FEAR
20.EVERYBODY'S SIN
21.IN AND OUT(PETER GUNN)
22.NEON BOY
23.CRAZY ROMANCE
24.NO NO NO
25.(STANDING AT)THE CROSS ROAD
26.WATCH YOUR STEP
(アンコール)
27.GUN CONTROL
28.NAKED HEAVY MOON
29.AROUND AND AROUND
30.JUMPIN' JACK FLASH

THE ROOSTERZ '88 7/22 渋谷公会堂
1.GUN CONTROL
2.再現出来ないジグソウ・パズル
3.NAKED HEAVY MOON
4.OH MY GOD
5.EVERYBODY'S SIN
6.WRECK MY CAR
7.GIRL
8.鉄橋の下で
9.HURT BY LOVE~LAND OF FEAR
10.SEIREN
11.CRAZY ROMANCE
12.A-RE
13.曼陀羅
14.IN AND OUT
15.NEON BOY
16.BURNING BLUE
17.NO NO NO
18.(STANDING AT)THE CROSS ROAD
19.PASSENGER
(アンコール)
20.VENUS
21.ニュールンベルグでささやいて
22.C.M.C.
23.(SO YOU WANT TO BE A)ROCK'N'ROLL STAR
24.TRAMNSMISSION
25.LADY COOL


さて、いよいよ解散コンサートだが、このチケットは解散発表前に購入したもの
なのでタイトルが「FINAL LIVE TOUR "WOH"」になっていない。それでもかなり
意味深なタイトルで、「覚悟はしておけよ」と暗に言っているということか。

この日のライブは当時ライブ盤で発売され、後年ライブビデオも発売。その後音
の完全版が「VIRUS SECURITY」に収録。映像も未発表部分がかなり追加されて
「VIRUS SECURITY」に収録と、その全貌はほぼ解明されている。

当時現場にいた者としては付け加えることはあまりない、と言いたいがこれだけ
は言いたい。最高のライブだった。この最高のバンドがこれで解散してしまうな
んて本当に残念だと痛烈に思ったことは憶えている。映像にも残っている花田さ
んのジャンプ、万感の想いを込めてのものだったのではないだろうか、と邪推し
てしまう。

また、ゲストに大江さん、井上さん、池畑さんが登場してオリジナル・ルースターズ
が初めて見れたのも感激だった。当時は複雑な想いもあったが、今考えると参
加してくれて本当によかった。
THE ROOSTERZ '88 7/31 MZA有明
(第一部)
1.GUN CONTROL
2.再現出来ないジグソウ・パズル
3.NAKED HEAVY MOON
4.CRIMINAL ROCK
5.OH MY GOD
6.EVERYBODY'S SIN
7.WRECK MY CAR
8.曼陀羅
9.GIRL
10.NO NO NO
11.(STANDING AT)THE CROSS ROAD
(第ニ部)
12.LET IT BLEED
13.HURT BY LOVE~LAND OF FEAR
14.SEIREN
15.鉄橋の下で
16.CRAZY ROMANCE
17.A-RE
18.VENUS
19.SITTIN' ON THE FENCE
20.BACILLUS CAPSULE
21.ニュールンベルグでささやいて
22.C.M.C.
23.MONA ~恋をしようよ
24.SHAME SHAME SHAME~CAN I GET A WITNESS~LITTLE BY LITTLE~FLY
25.AROUND AND AROUND
26.WALKING THE DOG
27.TALIN' BOUT YOU
28.I SAW HER STANDING THERE
29.NEON BOY
(アンコール)
30.(SO YOU WANT TO BE A)ROCK'N'ROLL STAR
31.LADY COOL


解散コンサートの追加公演。とにかく是が非でも行きたくて電話予約開始直後か
ら電話かけまくったが繋がらず。あせって直接ぴあステーションまで行ってなん
とか購入できた記憶がある。整理番号もかなり遅い。

会場は当時できたばかりでオシャレな場所だったのだが駅から遠く、一番最寄り
の駅から送迎バスが出ていたのだが、私が駅に着いた時にはちょうどバスがなく
て、炎天下の中会場まで歩いた記憶がある。会場に着いた頃には汗だくだった。

肝心のライブについてだが、渋公がシリアスでピリピリした緊張感に包まれてい
たのに比べると、開放的で明るい雰囲気だったのが印象に残っている。花田さん
は「WRECK MY CAR」の前に「ジュリアン・ソープランドの曲です」なんてジョーク
を飛ばしてたし。この頃は花田さんがMCで冗談を言うのは珍しかったのだ。
太宰治の「明るさは滅びの姿であろうか」なんて言葉を思い浮かべてしまうが、
やはりこれでおしまいということと、ライブレコーディングもないということで
メンバーも肩に力が入らず吹っ切れてやれたのではないだろうか。

また渋公ではオリジナルルースターズ登場後の曲は「VENUS」「ニュールンベル
グでささやいて」「C.M.C.」の3曲だったが、この日は「SITTING ON THE
FENCE」「BACILLUS CAPSULE」の2曲が追加されたのも嬉しかった。また演奏
には参加しなかったが灘友さんが姿を見せてくれたのも嬉しかった。

オーラスの「LADY COOL」ではゲストの大江さん、井上さん、池畑さん、灘友さ
んもステージに登場(演奏には不参加)し、花田さんが演奏しながら一人一人
と握手していたのが印象的だった。

ただ、やはりこのバンドがなくなってしまうのは本当に寂しかった。今でもこの
花田・下山・穴井・三原のメンツのライブをもっと見ておきたかった、と悔やむ。

シーナ&ロケッツ '88 9/24 日比谷野音
<花田裕之>DRIVE ALL NIGHT


シナロケの10周年記念ライブだが、花田さんがゲストで出ると聞いてからチ
ケット買ったので席はだいぶ後ろの方。

ゲストだからてっきり2、3曲いっしょにやるだけかと思っていたら、なんと花田
さんは最初から最後までずっと出づっぱりであった。また花田さんがヴォーカル
の「DRIVE ALL NIGHT」までやってくれて、鮎川さんの思いやりは花田ファンと
して本当にありがたかった。
PANTA '88 10/15 CLUB CITTA川崎
<花田裕之>
1.鉄橋の下で
2.LADY COOL

ルースターズ解散後、花田さんはPANTAのアルバム、ツアーに参加する。
しかし残念ながら私はPANTAバンドに花田さんが参加した時のライブを
見ていない。我ながら情けない。「鉄橋の下で」「LADY COOL」では花田さ
んがヴォーカルとっていたとのことで、見たかった。






BACK